HuuHuu Online Store 旅と日々の雑記。


by AI

プロフィールを見る
画像一覧






カテゴリ

全体
おしらせ
HuuHuuのこと
LIFE
日記
ネパールのおみやげセット
タイのこと
チェンマイのこと
チェンマイ暮らし
チェンマイのお店
ネパールのこと
インドのこと
引っ越しのこと
旅のこと
未分類

画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> Sakiさん あけ..
by huuhuu33 at 10:59
あいさ〜ん♪ あけまし..
by Saki at 22:58
✩チボリさん、コメントあ..
by huuhuu33 at 11:21
初めまして!いつもブログ..
by チボリ at 23:36
✭sukekoayako..
by huuhuu33 at 19:59
偶然インスタでhuuhu..
by sukekoayako at 21:49
☆chinalingoさ..
by huuhuu33 at 20:05
☆chinalingoさ..
by huuhuu33 at 20:02
いつの間にかご結婚されて..
by chinalingo at 17:22
鹿児島にいらしてたんです..
by chinalingo at 17:12

記事ランキング

検索

カテゴリ:インドのこと( 29 )

買いつけ旅/インド/まとめ

前回の旅を書き終わらぬうちに
先月のタイ買い付け旅を書き終えてしまった。

ので、ざっくりまとめ。

写真のみの記録。

a0241644_16343353.jpg

a0241644_16342541.jpg

a0241644_16341794.jpg


a0241644_1635269.jpg

a0241644_16345511.jpg

a0241644_1634472.jpg

a0241644_16373469.jpg

a0241644_16372584.jpg

a0241644_16371568.jpg

a0241644_16363944.jpg

a0241644_16361539.jpg

a0241644_1636016.jpg

a0241644_16352037.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2016-10-28 16:41 | インドのこと | Comments(2)

買いつけ旅/デリー/DAY8

デリーのゲストハウスじっとりしていて、
インドによくある、ビルとビルがぴったりくっついて
窓がない感じの部屋...

シャワーの湿気が部屋にこもって
なんだか部屋中が湿っている。

洗濯物が乾かない。

チェンマイから引き続きよく眠れない。

ドーパミンが出続けているのかな、
夢の中でも買いつけや商品の事ばかり。

この日は月ごとにインドの様々な地方の民芸品を売りに来る
マーケットに行くことに。

友人がいなかったら絶対行けなかった場所ばかりで
毎日ありがとう×100回。

a0241644_1219556.jpg

セキュリティーのお部屋がかわいい。

a0241644_1220945.jpg

眼光鋭いですね。
思い切りカメラ目線。

a0241644_1223118.jpg

ブロックプリントのやさしい感じの布と
チェンナイのパールピアスを購入。

ここでも古い民芸品には出会わず、
キラキラの新品ばかりでざっと見て移動。

こちらも新しく出来たという、街のような...
ギャラリーやブティック、アンティークショップなどなど

今デリーで一番おしゃれな場所。
a0241644_12231950.jpg

そこでいちばん反応したのがこのお店。

ビンテージのポスターや缶や紙もの...
ああ、かわいすぎて大興奮。

けれど何せ高いんです。
この小さな缶が800円くらいする。

旦那さんのおみやげに買ったのだけれど、
使いもせず、見向きもせず、残念。
a0241644_12322923.jpg

a0241644_12234823.jpg

家具屋さんもある。
インドの家具、大好物です。
a0241644_1224163.jpg

わたしの収穫はこちら。

古い定規と缶のふたたち。
もうねかわいすぎてね。
にやにやです。
a0241644_1225837.jpg

暑さと湿気で(これ何十回もでてきますが)
あと頭フル回転なのとですぐ疲れが。

おしゃれなお店でランチを食べて
(こういうところにさらっと入れるようになって
アジア旅の楽しみが増えた)
一度宿に戻ることに。

わたしはもうちょっと見たかったので、
パハルガンジ周辺の気になっていたお店を回る。

これがもう大正解でした。

前日の夜に見つけたけれど閉店していて
でもお店の外の感じでなぜかピンときた。

こういう勘が当たった時が本当にうれしい。

しかも後日、さらなるインドの達人と合流して
(もう20回以上は買いつけに来てる)
「ああ、この店もおすすめだよ。」と彼が言った時、
さらにガッツポーズ。

a0241644_12393588.jpg

状態の良い厚手のラリーキルト。
ずっしり重いので、今回は諦めました。

次回は買うぞ。

a0241644_12395268.jpg

パキスタンの刺繍ものもたくさん。
縫製もしっかりしている。

お店のお兄ちゃんたち感じ悪くて
全く負けてくれなかったけどね。

宿に戻って1時間ちょっと休憩してまた散策へ。

友人が何年も前にバンジャラ族のアンティークショップへ
行ったことがあるというので、
その記憶を掘り起こしてもらって
あるだろうエリアを歩いてみる.....

と、発見!!!

入ってすぐこの壁。

もうテンション振り切れました。

ただこの日はもうヘトヘトで、
ここから選ぶ元気もなかったし
明るい時間にゆっくり見たいから翌日来ることに。

インド人さすがだから
「今日だけのスペシャルプライス、
明日は普通の値段に戻すよ。」なんて言うけれど、
そこは「ちょっとちょっとー!」とつっこみ入れて
明日もスペシャルプライスで、と約束させる。
a0241644_12455174.jpg

この日はお酒あまり飲めない二人で
ちょっとお酒でも飲もうかと
ビルの屋上にあるバーでビールを飲む。

同じ年、まだ知り合って3か月くらいなのに
こうしてデリーでビールを飲んでるなんて
出会いって不思議なもの。

そして経験してきたことも考え方も
悩み苦しみもすごく似ていて、
何時間話しても、毎日一緒にいても飽きない。

こういう友人に出会えることって
人生に一度あるかないかなんじゃないかな。

彼女がインドに呼んでくれたし
彼女が私の可能性を広げてくれる。

友に感謝。

おやすみなさい。
[PR]
by huuhuu33 | 2016-09-22 12:51 | インドのこと | Comments(0)

買いつけ旅/デリー/DAY7

a0241644_18114711.jpg
翌日は10時頃に起きて朝ごはんを食べて、
マーケットへ。

友人はもうインド何十回目?というくらい
よく知っているので、
無駄なくサクサクと連れて行ってくれる、感謝。

この日は、まずおしゃれなデリー散策。

最初に入ったお店が上の写真のお店だったので、
もう楽しくて楽しくて。

a0241644_18120428.jpg

すべての洋服がかわいかった。
日本にないデザインとクオリティーで
どれを見ても素敵でもう言葉がない。

ちょっと高すぎて(日本円で3万円以上)、
目の保養で断念。

次に行った時は買うぞ。

a0241644_18121027.jpg
おしゃれなカフェもあちこちに。
住めるな、デリー。

a0241644_18115686.jpg

お店のディスプレイも洗練されていて、
どれだけ回っても見飽きない。

a0241644_18131987.jpg
a0241644_18122947.jpg
a0241644_18122046.jpg
色の洪水。
来てよかった、とすべての瞬間に思う。

a0241644_18132540.jpg
お昼は世界で一番好きな南インドのミールスを。

この日の収穫は古い布を使ったクラッチバッグ、
ラリーキルトのトートバッグ、
ヘアターバンやタッセルチャームなどなど。

日数少ないから迷ってる暇はない。

湿度90%くらいで暑いので
もうすっかりヘトヘト。

一度帰って休憩して、夜の街を散策。
a0241644_18213117.jpg
夜のパハルガンジはすごい人。

ツーリストなんてほとんどいない、
インド人とリキシャと牛でぎゅうぎゅう。

嫌いじゃないこの感じ、むしろ大好き。
a0241644_18213959.jpg
a0241644_18214547.jpg
ブロックプリントの木板選んだり、
パキスタンのポーチを買ったり、
この日はこれで終了。

おやすみなさい。
a0241644_18215166.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2016-09-21 18:24 | インドのこと | Comments(0)

買いつけ旅/デリー/DAY6

すっかり買いつけ旅日記が止まったまま...

雨続きで撮影できず、
偏頭痛がはげしくて縫い物もできず、
PCも良くないと思いつつ、
次の買いつけ旅が近づいてきたので。

チェンマイ最終日、
14時の便でまずバンコクへ。15:10着。

ドンムアン空港からスワンナプームへ移動して
20:10の便でインド・デリーへ。23:20着。

今回はアライバルビザが取れると聞いて、
ビザなしで行ってみたのだけれど、
バンコク出るときに何度も
(チケットカウンターや出国ゲートなど)
「インドビザがないの?なんで??」と聞かれ不安に。

定刻通りに到着し、ビザ窓口に向かってみるも
誰もいない、ひとっこひとりいない。

その辺で談笑している職員と思われるおじさんに
誰か連れてきてくれと頼み、
一通り書類に記入したり、指紋スキャンしたり。

最後ビザ代を払うときになって
銀行の担当者がいない。

探しにいって全行程1時間弱で取れました。

ほっと一安心して空港の外へ。

インドの空港のわさわさ感にはもう慣れた。

初めてインドに行った時は、
みんなギョロギョロした目で見つめている
インド人の多さに心臓ドキドキだったけれど。

デリーはすごく都会で、みんなツーリストに慣れてて
日本人ひとり歩いていても誰も気にしない。

ああ、都会になったのねー、インドも。

そんな風に思っていたところ
ちょうど迎えに来てくれた友人に会えて、
無事にパハルガンジのホテルへ。

パハルガンジはタイのカオサンみたいなところで
まぁまぁ荒れ果てているけれど、
この感じもネパールで慣れたからぜんぜん平気。

大人になったものねー、わたしも。

ああ、やっぱりインド大好き。

ホテル着いたのが深夜1時くらいだったので
友人の部屋でチャイ飲んで、
長々とおしゃべりしてこの日はおやすみなさい。
a0241644_18648.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2016-09-21 18:07 | インドのこと | Comments(0)

Conclusion

何人かの人に会って
今回のインド旅のはなしをした。

いろんな記憶がばらばらだったけど
話すうちにまた蘇ってくる。

結論としては
「人生のすべての旅でいちばん楽しかった。」

いちばん、は塗り替えられてゆくものだけれど…

そして、どこに行っても楽しく生きていける、
なぞの自信がつきました。

毎年、旅に出ると(タイに行くと)いきいきしてるね。
とは言われていたけれど、
これまでの旅は片目をつぶっていたのかも、と
思うくらいに、すべての瞬間が楽しかった。

全行程ひとりは本当に久しぶりで
行く前は不安になったりしたけれど、
ふたを開けてみれば、ひとり最高。

困ったことも全部自分でなんとかする、
誰かに頼ったり、誰かのせいにしないから
困ったことですらおもしろくて笑えてくる。

いやな気持ちも、ちょっと角度をずらすと
まったく違うものとして受け止められることを知った。

うれしいことや感動することは
まっすぐ自分だけにぶつかってくる。

すばらしい瞬間のひとつひとつも
言葉にすることなく、
自分の中でぎゅっとかみしめるから、
あまりの美しさにくらくらするほどだった。

今日はどうする?なんて相談することもないから
ただただ波に身をまかせるみたいに
誘ってくれる人たちに毎日遊んでもらって
知らなかったたくさんのことを知った。

24時間近く、誰とも口を聞かずにいるときは
自分の中と外が分離したみたいな
ものすごく不思議な感覚も味わった。

ずっと自分と一緒にいる。
これがこんなにも楽しくて安心するものだったとは。

それを外に求め続けてきたけど
自分の中にしかないことを強く知った旅。

今まで知らなかった感情、
あたらしく生まれてくる気持ち、
見たことのない自分。

生きてて良かった。
そう思える瞬間が、
こんなにもまだ世界にあふれているとは。
a0241644_2218379.jpg

今回のおおきな収穫。
飛行機恐怖症が完全に治ったこと。

ずっと飛行機が苦手で、
揺れるたびに冷や汗をかいていたのだけれど
気がついたら全く消えていた。

インドのスパイスジェットなんて
計4列シートで、前も後ろも見渡せるくらい
すごく小さな飛行機だったのに、余裕!

これはこころからうれしかった。
これでもう迷うことなく、
年に何度でも旅立てる。
[PR]
by huuhuu33 | 2015-01-15 18:42 | インドのこと | Comments(0)

南インドの朝ごはん Appam

これもケララを代表する朝ごはんメニュー、アッパム。

お米の粉で作る、生地が厚めのクレープ。

お米(ケララのお米)を一晩水に浸しておき、
水気を切り、ココナツと一緒にミキサーにかけます。

そこにイーストと塩、砂糖少々を加えて生地が完成。

Appam用の小さいフライパンに油を引き、
クレープのように焼いていきます。
a0241644_185584.jpg

つけあわせは何がいい?と聞かれて、
「チャトニ!」と答えると、
「ケララスタイルの水分のないチャトニを作ってあげるね。」
とアンマ。

グラインドココナツにターメリック、チリパウダー、
塩、そして青いマンゴーを少々。

マンゴーは酸味を足すために入れるのだとか。

すべてミキサーにかけて、
水分をぎゅっとしぼったらできあがり。
こんなチャトニは初めて!
a0241644_185267.jpg

Appamの真ん中にチャトニをのせて
くるくるっと巻いていただきます。
a0241644_1872726.jpg

ああ、おいしそう…
写真左に見えるのはグラニュー糖。
たっぷりのグラニュー糖を巻いて食べると
これがまたおいしい。
a0241644_1881623.jpg

前日の残りのフィッシュカレーと食べても絶品。

わたしが毎日伝統的な朝ごはんを食べる横で、
アンマの息子は、パンにオムレツ、コーヒー。

世界中が変わっていくんだな。
a0241644_1875352.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2014-02-09 18:08 | インドのこと | Comments(0)

南インドの朝ごはん Puttu

大好きな南インド・ケララで食べたもの。
ブログに書こうと思いながら、もう1ヶ月!

今までいろんな国で、いろんなものを食べました。

香港、タイ、カンボジア、インドネシア、韓国、
イタリア、スペイン、オランダ、イギリス、ハワイ、
モロッコ、インド、ネパール…。

その中でもトップに入るのが
南インドケララ州の料理。

もちろんタイ料理もイタリア料理もおいしいし、
モロッコ料理も予想外にすごくおいしかった。

でも1番はケララ。
久しぶりに行ってきても、
そのランキングは変わりませんでした。

インドではホームステイしていて、
食べたいものを作ってくれるというので
「Puttuプットゥ」をリクエスト。

米粉に水と塩少々を加えて手で混ぜ合わせます。
生地は固まらなくても大丈夫、ポロポロ状態。

Puttu専用の筒状の蒸し器に、
生地とグラインドココナツを交互にそっとつめます。

蒸し器の水が沸いたら、
上にくるくるっとセットしてしばし待ち、
容器からそっと押し出したらできあがり。
a0241644_17303627.jpg

Puttuはココナツミルクとバナナで食べたりしますが、
この日はグリーンピースのカレー。

グリーンピースは一晩水に浸けておきます。
a0241644_18931.jpg


にんにく、しょうがはミキサーにかけ、
紫玉ねぎはスライスに。

小鍋に油を熱し、玉ねぎを炒め、
しんなりしてきたらにんにく、しょうがを加えます。

ターメリック、チリパウダー、コリアンダーパウダー、
カレーリーフを加えてさっと炒め合わせます。
新鮮なカレーリーフがたっぷり。
うらやましい。
a0241644_1893882.jpg

全体がしんなりとしてきたら
水とグリーンピースを加えて塩を足し、
一煮立ちしたらできあがり。
a0241644_1730042.jpg

アンマが作るとあっという間に完成するから
とても簡単な料理に見えるんです。

このカレーは、ココナツもトマトも入らなくて
すごくシンプルなんだけど、おいしかった。

アンマにとってはお味噌汁みたいなもの?

Puttuは半分バナナと混ぜ合わせて、
半分はこのカレーと一緒にいただきました。

不思議な組み合わせに見えて
口に入れると、うん、宇宙的おいしさ。

食べたいなぁ。
[PR]
by huuhuu33 | 2014-02-09 17:59 | インドのこと | Comments(0)

トリバンドラムへお越しの際は。

観光協会のようなタイトルになりました。

南インド、ケララ州、トリバンドラムに住む友人ラフィは、
長年ツアー会社をやっています。

ツアーだけでなく送迎だったり、
とにかく何でもお願いできる頼もしい友人。

トリバンドラム空港からアシュラムまでの送迎や
バルカラビーチやカプリビーチでのステイの予約、
トリバンドラム周辺の観光案内などなど、
いろんな要望に答えてくれます。

シバナンダアシュラムやケララ方面に行く際に
いろいろ心配、という方は彼に連絡してみてください。
(6月頃〜今年は他のエリアにいるそうなので、
まずは連絡してみてください。

Rafi muhammad(ラフィ・ムハマド)
Kapli Paradise Beach Resort
(コテージの集まっている場所の総称)
メール: mohdrafi20@rediffmail.com
TEL: +919387755309

バルカラビーチは観光業が飽和状態で
ラフィはバルカラから約30分の場所にある
カプリビーチ(Kapli Beach)に住んでいます。

ほんとうにビーチ以外何もない場所。

朝焼け、夕焼け、ビーチ。
それだけで十分という人には最高の場所。

コテージから徒歩3分で誰もいないビーチ。
文字通り誰もいない。
インド人の漁師さんたちが数人いるだけ。

長く滞在している人に
「日本人は初めて見たよ、どうやって知ったの?」
と聞かれるほど誰もいません。
a0241644_1338564.jpg

ビーチの前にラフィの奥さんがやっている
小さな小さなレストランがあります。
まわりに何もないけれど
ここでごはんが食べられます。

目の前の道路に出るとリキシャがひろえます。
バルカラまでは30分、
バルカラタウンまでも同じくらいで200円くらい。
a0241644_1338870.jpg

夕陽の時間になると、
インド人の家族連れやカップルがちょっと増えます。

わたしは朝8時からビーチでヨガをして
戻ってから朝ごはんを食べて出かけ、
夕方はビーチで読書しながら日没を待つという
完璧な休暇を過ごしました。
a0241644_13381182.jpg

こんな感じのコテージが数軒あります。
1棟貸しできるそうです。
確か1泊2000円くらいから。

朝・昼・夕食と頼んでおくと
家まで運んでくれるサービスがあるそうです。

Lonely Planetにも載ったと
言っていたような、、、。
a0241644_1338851.jpg

ラフィと娘たち。
人懐っこくてほんとうにかわいい。
幼稚園にして英語がぺらぺらです。

6年ぶりに会ったけど、全然変わらない。
お父さんはなかなか大変みたい。
a0241644_13381124.jpg

自分の会社のPRビデオを作ったから見て!
と言っていたのがこちら。

また不思議なビデオを作ったね、ラフィ。



[PR]
by huuhuu33 | 2014-01-27 15:33 | インドのこと | Comments(4)

Sivananda Yoga Ashram 5

食事。

それはそれはすばらしいものでした。
おいしかった、ほんとうに。

6年前にインドを訪れたとき、
ミールスのおいしさにはまって、
1ヶ月毎日食べ続けた。

だからアシュラムでの食事も
食べる前から何の心配もなく、
おいしい予感しかありませんでした。

わたしにとっては、
この世でいちばんごはんのおいしい場所。

「ここのシェフは5つ星だよ。」と聞いた、
まさにその通り。

この純粋な環境で、
2時間のクラスの後、
ぺこぺこにお腹をすかせていただく
ピュアベジタリアンミールス。

見ているだけでおなかがすいてくる。

左からピクルス、たぶんAvial(汁気のないココナツカレー)、
たぶんボリヤル(南インドのスパイス炒め)、
ラッサム(酸味のあるスープのようなカレー)、
大好きなデザートHalva。

Hindustani Halvaと呼ばれるデザートは
セモリナ粉やブラウンシュガー、レーズンなどを
煮詰めたもの。

おいしすぎたので、名前を聞いて確かめた。
a0241644_12401560.jpg

ティータイムのジンジャーティーとマンゴー。
a0241644_12401678.jpg

1月1日のごはん、豪華!!
この日は普段のメニューに、
ココナツチャトニーやデザートにPayasamも。
a0241644_12401696.jpg

食事はこうやってずらりと並んで。
全員が並び終わるまで、
みんなチャンティングしながら待ちます。

カルマヨガの人たちが、次から次へと
おかわりを盛ってくれます。
a0241644_1240382.jpg

ミールスを食べたことがない人には
不思議な味と感じるかもしれません。

汁気のある状態のお米に
ヨーグルトや汁のカレーがかかっている、
この混ざり合った状態が
特に西洋人には受け入れられないのかも。

ごはんに感動してアシュラムで購入した1冊。
Halvaの作り方も書いてありました!!
a0241644_14155198.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2014-01-26 12:38 | インドのこと | Comments(0)

Sivananda Yoga Ashram 4

マントラのチャンティングの様子。

オームから始まって、
みんなの声が響いていくのがとても気持ちいい。

寒い日本にいても、これを聞くとあの場所に戻れる。

何かあった時、
あの場所に戻ろうと思えるところがあることは
生きていく上での大きな救い。



レッスンの様子。
先生によっては、英語がとても聞き取りにくい。

シバナンダヨガの経験なく行ったので、
最初は戸惑いましたが、
1日4時間もレッスンがあるので、すぐ慣れます。

流れは毎回ほぼ同じ。
チャンティング、呼吸法、
サンサルテーション、12のアーサナからいくつか。

毎回同じレッスンだからこそ、
身体の変化がよくわかる。
すべての瞬間に発見がある楽しさ。

ピッタが強いわたしは、
なかなかプラナヤマ(呼吸法)がつらかった。

TTC終了した方に聞くと、慣れるよ!と。
便秘が治ったり、身体にかなり変化があると聞きました。

ヨガが好きなすべての人に
一生に一度は訪れて欲しい場所。

行く価値は十分にあります。


[PR]
by huuhuu33 | 2014-01-26 12:18 | インドのこと | Comments(8)