HuuHuu Online Store 旅と日々の雑記。


by AI

プロフィールを見る
画像一覧






カテゴリ

全体
おしらせ
HuuHuuのこと
LIFE
日記
ネパールのおみやげセット
タイのこと
チェンマイのこと
チェンマイ暮らし
チェンマイのお店
ネパールのこと
インドのこと
引っ越しのこと
旅のこと
未分類

画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

✩cinalingoさん..
by huuhuu33 at 21:21
お久しぶりです。 結構..
by chinalingo at 21:59
> Sakiさん あけ..
by huuhuu33 at 10:59
あいさ〜ん♪ あけまし..
by Saki at 22:58
✩チボリさん、コメントあ..
by huuhuu33 at 11:21
初めまして!いつもブログ..
by チボリ at 23:36
✭sukekoayako..
by huuhuu33 at 19:59
偶然インスタでhuuhu..
by sukekoayako at 21:49
☆chinalingoさ..
by huuhuu33 at 20:05
☆chinalingoさ..
by huuhuu33 at 20:02

記事ランキング

検索

<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

7月の出店のようす

帰国して2回のイベントが終了しました。

今後の予定を聞かれることが多いのですが、
まったく何も決まっていません笑

8月の暑さに恐れをなしてしまいました。

今はOnline Store再オープンに向けて
絶賛撮影中です○

さて、2回のイベントの様子です。

まずは7月18、19日の浅草「村のバザール」。

2008年にオープンしたオンラインスパイス屋、
「Spice Market」で初めてきちんと出店したのもここ。

月1回やっているイベントは
さすが、いつもディープでおもしろい。

わたしはここに山形の山伏、星野さんの
お話を聞きにいきました。

大好きな浅草寺近く、何かと縁のある会場です。
a0241644_16354261.jpg

ブースはこんな感じ。

帰国して1週間での出店だったので、
自分的にばったばたでした。

両替したり、値札つくったり、
紙袋もマスキングテープも
はさみすら家にないという状態。

なんとか形になりました。
a0241644_16354308.jpg

Instagramでフォローいただいている方や友人、
通りすがりのお客さま、
いろんな方とお話できて楽しい2日間でした○

お顔が分かると、instagramの方も
初対面なのに長い友達みたいな親近感が湧くものです。

会場は普段、撮影スタジオとして使用しているので
どこで写真を撮っても絵になる。

そっとフェルトボールガーランドを撮影。
a0241644_16354452.jpg

主催のななちゃんとともみちゃんの作るごはん。
たまに土曜日はカフェとしてオープンしています。

ああ、こういう優しい味は久しぶりで沁みる。
a0241644_16354402.jpg

村バザのスタッフ&出店の方々が
みーんなヘアターバンを購入してくださって…
うれしい限りです。

村バザ主催のともみちゃん。
似合いすぎて、かわいすぎです。
(この色は完売しました!)
a0241644_16354419.jpg

そして先週土曜日の代官山SodaCCo「夏祭り」。

こちらもinstagramの縁で声をかけていただいた、
旅するセレクトショップ「樂BAZAR」さんとシェア出店です。

メキシコの雑貨と手作りのガイコツモチーフの作品たち。

こちらも初めましてとは思えない感覚で
仲良くしていただきました。
a0241644_16354620.jpg
a0241644_16354673.jpg

会場も広々2階まであって、気持ちよい空間。

浅草が大変だったので、
ぎゅっとまとめてバックパック1個、
プラスちいさめバッグでコンパクトに。

下に敷く布やピクニックバスケットまで
樂BAZARさんに貸していただき、
なんとか仕上がりました。
a0241644_16354500.jpg

この日もinstagramでフォローいただいてる方が、
見事なまでに順番に来てくださり、
おひとりおひとりとゆっくりお話することができました。

良い縁が繫がっているなぁー
と実感することしばしば。

ヘアターバンも好評で、
しかもみなさんとーってもお似合いでした◎

全員のお写真撮りたかった…
と激しく後悔。
a0241644_16354575.jpg

お会いしたことがなかったたくさんの方が
わたしの人生を見守ってくださっていることが
とても不思議に感じると同時に、
とてもとてもうれしかったです。

「人の人生ってこうやって変わっていくんだ!って、
あいさんのブログを読んでいてひしひしと感じました。
まさにそれを目の当たりにしているようで、
読んでいて手に汗を握りましたよー。」

そんな風に言ってくださる方も。

地震のことやネパールの様子、
これからのことや人生のこと。

何度も何度も話すことで
自分の役割や方向性を再確認できました。

お話聞いてくださったみなさま、
足を止めてくださったみなさま、
ご購入いただいたみなさま、
行きたいなぁと意識を飛ばしてくださったみなさま、
たくさんたくさんありがとうございました!

またイベント出店したいなぁ。

このふたつのイベント売り上げのうち
一部はネパールへの寄付として
来年2月に使わせていただきます。

商品によって寄付の割合が異なるため、
秋に日本を出る際に改めてご報告いたします。

[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-27 17:16 | おしらせ | Comments(2)

ネパールでの暮らし

日本に帰って来て2週間ちょっとが経ちました。

地震のあったネパールでの日々が
はるか彼方にいってしまいそうで
でも忘れたくないのでこうして記録。

余震がかなり落ちついてから
帰国までのちょうど1ヶ月間、
アパートを借りて暮らしていました。

暮らす感が強くなると、
またあたらしい角度でその国が見えてきて
よりいっそう愛着が増すもの。

たとえばあいさつする人が増えたり、
立ち話する人がいたり
遠くから名前をよばれたり。

朝起きて、近くのちいさなお店でチャイを飲むのも。

たまにはポットを持っていって
3杯分のチャイを買って(60円しない)
部屋でゆっくり飲んだりする。

おいしいヨーグルト屋さんや
かならず立ち寄るラッシー屋、
ローカルのハンバーガー屋さん、
安くておいしいダルバート(定食)のお店。

そういうことが少しづつ増えてくると
そこには生活という喜びがやってくる。

毎週土曜日はFarmar's Market。

オーガニック野菜やチーズ、ベーコン、
ジャムやはちみつ、オイルなどなど。
a0241644_18132649.jpg

Farmar's Marketの後はおいしいごはん。

オーガニックのルッコラや葉野菜に
ハンドメイドのタヒニペーストと
ヒマラヤンピンクソルト。

焼きたてのブラウンブレッドに
たっぷりのワイルドハニー。

採れたての卵でつくるオムレツ、
(卵の味はまったく違う、濃厚)
たっぷりのヤクチーズ。

日本からするとびっくりするほど安くて
こんな豊かな食生活ができる。

体調が悪くなったときも
プロポリス入りのはちみつを舐め、
冬虫夏草(ヤルサグンバ)入りの水を飲み、
チベタンクリニック(チベット漢方の病院)で
すごく効く漢方を処方してもらえるという理想的な環境。

ただカトマンズの空気汚染はひどい…

いつも行くと1週間目くらいで
体調を崩してしまう。
a0241644_18132677.jpg

家からタメル(中心地)までの道には
野良犬がいて、にわとりがいて、
アヒルがいて、子牛も大きい牛もいる。

部屋の窓からはカラスの子育てが見えて
食べ残しのパンをベランダに置いておくと
さっとカラスが運んでいく。

すべてが自然そのままでダイナミック。

生きてるって実感することがどの瞬間にもある。
a0241644_18132756.jpg

借りていたアパートはカトマンズのタメルから近い
チェトラパティチョークの少し先にあった。

日本でいうと、新宿みたいなところかな?

1ヶ月の家賃は10,000Rp(約1万2千円)。
wi-fiと電気、水道、キッチン使用料込みでこの値段。

ネパールはどこに行っても雑多で
地震で人が減ったとはいえ、車も多いし、
排気ガスやほこりや泥や…

ごちゃごちゃして
一見無秩序に見えるけれど
絶妙なバランス感で成り立っている、
そこがとにかくネパールに惹かれる理由。

また早く帰りたいな。
a0241644_18132719.jpg

家の近所にある有名な「洗濯広場」と
毎日通るチェトラパティチョーク。
a0241644_18132809.jpg


[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-27 16:30 | ネパールのこと | Comments(0)

7/25(土)に持っていきます◎

いよいよ明後日!
代官山でのイベントに参加します。

浅草はひとりで行ったので
荷物がとにかく重くて大変でした。

代官山は千葉の我が家から
渋谷乗り換えと長い道のりになるので
持って行くものはぎゅっとコンパクトに。

ネパールへのチャリティー商品を
中心に販売いたします。

「フェルト&クロシェひとつぶピアス」

フェルトボールもクロシェボールも
もちろんネパールのハンドメイド。

この前は「このままブローチにする!」と
購入してくれた方がいました、おもしろい◎
a0241644_18284387.jpg

「フェルトボールガーランド」

わたしのお世話になっているフェルト工場で、
地震直後に工場がしばらく停止になり、
働き手さんもほとんど来ない日が続き…

在庫で作れる物を、ということで
色をオーダーして作ってもらいました。

ピンク。
薄ピンク、濃いピンク、ブラウン、ホワイト。
落ち着いたかわいい感じに仕上がりました。
a0241644_18284463.jpg

こちらはブルー。
薄いブルー、濃いブルー、グレー、ホワイト。

大人っぽい雰囲気になって満足。
間は紐ではなくてかぎ針編みです◎
a0241644_18284452.jpg

「ビーズブレスレット3本セット」

こちらは社員旅行にも一緒に行った
ディディ(お姉さん)の工場で作っているもの。

出来る限り、知っている人のところで
オーダーするようにしています。

フリーサイズで重ね付けすると存在感あってかわいい。

自分が好きな三角柄を中心にセレクト。
ぎっしり詰まったビーズが存在感大。
a0241644_18284449.jpg

「ネパールのおみやげセット」

ネパールに行く前から頭にあった企画ですが、
地震後にチャリティー商品としてはベスト、と思い
内容を練り直してセット組みが完成しました。

ビンテージサリーの生地で作った巾着袋入り。
a0241644_18284558.jpg

中身は…
ヒマラヤンピンクソルト
チャイ用紅茶葉(スパイスミックス)
ナチュラルインセンス
ニーム石けんまたはアーユルヴェーダオイル
タルチョ(カラフルフラッグ)2枚
a0241644_18284503.jpg

さらにお好きな柄のルームソックスが
セットになっています。

ネパールに来たことがある方もない方も
遠いこの国に想いを馳せてほしい、そんなセットです。
a0241644_18404449.jpg

「ビンテージへアゴム」
チェンマイでちょっとづつ集めていた
アフガニスタンの古い衣装パーツ。

今回はネパールの職人さんに、
裏に皮を張ってもらって大満足。

チェンマイ+ネパール+アフガニスタン、
いろんなところを旅したヘアゴムが完成。

表も裏もお気に入り、もちろん世界にひとつだけ。
a0241644_18284636.jpg

「ビンテージサリーヘアターバン」

とにかく大好きなこのヘアターバン。

ネパールに行く前から作ろうと思っていましたが、
到着直後に地震が起きてしまい、
ぎりぎりまで工場に行けず…

でもなんとかいろんな人の助けのおかげで
無事にかわいい子たちが完成しました。

ヘンプ&オーガニックコットン生地と
ビンテージサリーの組み合わせ。

上のホワイト×ホワイトは、
ネパール産のオーガニックコットン、天然染。

ざくろで染めたナチュラルカラー。
a0241644_18343661.jpg

残りわずかの組みあわせもあります。

気になる方はぜひご来場ください◎
お待ちしています!
a0241644_18371611.jpg


[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-23 19:56 | HuuHuuのこと | Comments(0)

7/25(土)出店のお知らせ

先週末は浅草!
久しぶりのイベント、
とても楽しかったです。

来ていただいたみなさま、
ありがとうございます◎

ネパールのことや
いろんなことをお話しできて
うれしい限り。

みなさん素敵な方ばかりでした!

さてまた今週末もイベントに参加します。

こちらもinsagramのご縁で
声をかけていただいた、
旅するバザール『樂BAZAR』さんと
シェアにて出店いたします。

わたしが気になっているお店の出店もあり
来るだけで楽しそうなイベントです。

イベントは3日間ですが、
わたしは土曜日のみの出店となりますので、
どうぞよろしくお願いします✩

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽▽△▽△▽△

《SodaCCo マルシェ夏祭り》
世界の雑貨やアクセサリー、ハンドメイド作品やセレクト商品、
アウトドアグッズなど、1階〜3階までを周遊できるお祭りです。

ショップ33店舗、ワークショップ13種類など盛りだくさん!

DAY:7月25日(土)11:00〜19:00

PLACE:代官山SodaCCo(代官山駅より徒歩7分)
場所詳細はHPよりご確認ください。

HuuHuu出店場所はSodaCCo1階の7番ブースです↓

a0241644_17513696.jpg

PRODUCTS:ネパールセレクト&オリジナル商品
ビーズブレスレット、ネパールのおみやげセット
ビンテージサリーのヘアターバン、フェルトボールガーランドなど

荷物の関係で、チャリティー商品のみの出店となります。
見てみたい商品がある方は、事前にご連絡ください!

お待ちしています◎


△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽▽△▽△▽△▽▽△▽△▽△
[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-21 13:48 | おしらせ | Comments(0)

△出店のお知らせ△

おもしろい縁がつながって、
今週末、浅草にて出店します!

イベント主催のともみちゃんも
以前お仕事でよくネパールに行っていたそうで…

そして今回のネパールで
彼女の元同僚にカトマンズで会うという…

地震発生直後からイベントを行い
寄付を募っていたというからすばらしい。

そして場所はわたしがSpiceMarketの活動中に
はじめてきちんと出店した思い出の場所「ライオンビル」

HuuHuuOnlineStoreとしては初の出店かも。

今回はチェンマイに戻らず帰国したため、
ネパールセレクト&ネパールでつくったオリジナルを
メインに販売します。

もちろんイベント売り上げの一部は
次回のネパール支援にて使わせていただきます。

チャリティーだから何でも良いのではなくて
かわいいと思うものを購入することが支援につながる、
いちばん理想の形を目指して◎

関東のみなさま、お待ちしております。

ぜひ遊びに来てください。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

『村のバザール@浅草ライオンビル』

DAY:7月18日(土)・19日(日)

PLACE:浅草ライオンビル→MAPはこちら
〒111-0034東京都台東区雷門2-11-10ライオンビルスタジオ
(地下鉄浅草駅A4出口から徒歩3分)浅草寺から歩いて5分!

SCHEDULE:
7月18日(土) 12:00〜20:00
通常のカフェ営業の他にアイヌ刺繍ワークショップ もあります。

7月19日(日)13:00〜17:00頃
18:00からLIVEのため、出店は13:00〜17:00頃となります。
LIVEスタート後は入場料2000円がかかりますので、お早めにどうぞ○

☆詳細は『村のバザールHPFACEBOOK』からご確認ください。

PRODUCTS:ネパールセレクト&オリジナル商品
ビーズブレスレットやネパールのおみやげセット、
ビンテージサリーのヘアターバン、フェルトボールガーランド
などなど

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

会場外観はこちら。
a0241644_15412949.jpg

a0241644_1542442.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-15 15:46 | おしらせ | Comments(0)

村へ④

子どもたちともっと遊んでいたいけれど、
村人がやってくる時間がせまっている。

アップダウンの激しい山道を5時間半かけて来る人たちを
待たせずにスムーズに食料を渡すことが
今回のいちばんの目的。

村々は車がたどり着けない場所にあるため、
車で行けるいちばん近い村に来てもらう以外方法がない。

だから歩くこと以外はとにかく無理させないように、やれることをやる。

急いで戻り、荷物の袋詰め作業。

シャク村とカータル村ごとに分けて
1枚の袋に調理油を6パックずつ、
もう1枚に薬、スパイス、砂糖、塩を入れていく。

今回支援に来たメンバーはみんな初回で
大樹くんだけが経験者だからついつい彼に頼ってしまう。

先を想像して考えて動く力が足りないし、
体力も全然ついていかないことが悲しい。

一度経験することがとにかく大事と
彼が言っていた意味が分かる。

途中、体力と集中力の限界が来て
ひとり休ませてもらってしまった。

その間にもどんどん村人がやってきて、
裏はパッキングや数調整にばたばたしながらも
無事にすべての人へ配布を終えていた。

村の人たちはこれからまた5時間半かけ
重い荷物を持って村へ戻って行く。

わたしの母親や父親くらいの年齢の人も多い。

この食料が雨期の間、
どれくらい持つのかわからないけれど、
村の人たちのちいさな希望になれただろうか。

大樹くんがいつも言ってた、
「政府も他の国の支援もまったく来ず、
自分たちの村は完全に取り残されていると思っている。
もうネパールは終わりだと、悲観して自殺する人も増えている。
でも自分たちが行くことが、この村の存在を知る人がいるということが
村人みんなの生きる希望になるんだ。」

ネパール政府は個人ボランティアを禁止し、
寄付金にも46%の税金をかけはじめている。

どうしてこうやって愛と信念を持って動く人が
違法になってしまうのか、
ただ見せかけだけの活動をしている大きな組織が
世間で認められていくのだろうか。

嘆いていてもしょうがないから、
私たちはただただ続けていく。

村の人たちを、この地震を決して忘れず。

彼はこんな山奥まで来ても、道中あちこちで
「ニンジャ!(彼のネパールでのあだ名)」と声をかけられている。

村人も子どももみんなを笑顔にできるのは、
彼がフルパワーで愛を送っているから。

見せかけじゃない本物の気持ち。
だから伝わる。


帰り道は行きよりハード、
ハプニング満載の16時間のドライブ。

途中で車がまた故障し、2時間待ち。
霧が発生し、豪雨となり、ヒョウが降りだす有様。

そして運転手があまりの疲労に居眠り運転…
わたしは寝ていて気がつかなかったけど
かなり危なかったのだとか。

カトマンズについた時には
心身ともにくたくただったけれど
明日からの世界が変わっていくような気がした。

自分の生き方で悩んでいたこともあったけど
その答えも、進む道すらも見えてきた。

わたしだけじゃない、
一緒に行ったみんながそう思っていたはず。

世界中でボランティアや支援をする人たちを
今までは他人事と思って見ていたし、
自分にはそういうことはできないと思っていた。

でもそうじゃない。

すべてはタイミングと何かしたいと思う気持ち。
それを一歩行動に移すだけで誰にでもできること。

その一歩の背中を押してくれた彼に感謝するとともに
わたしも誰かの背中を押す人でありたいと思う。

彼なしではこの景色を見ることはできなかった。
この現実を知ることはできなかった。

個人という壁だらけの活動の中で、
孤軍奮闘続けてきてくれたおかげで私たちは今ここにいる。

お疲れさま、ほんとうにありがとう。

そして最後に募金をいただいた皆さま、応援してくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

その想いをきちんと繋いでいきます。
a0241644_0514871.jpg
a0241644_051295.jpg

a0241644_0462658.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-15 00:40 | ネパールのこと | Comments(0)

村へ③

翌朝6時起床。
午前10時の村人への受け渡しまでにする準備が山ほどある。

まずは薬の仕分け。

3種類の薬を世帯ごとに数を数え、ホチキスで止めていく。

200世帯以上分だからかなりの量。

数が足りなかったり中身が違うと
トラブルのもとになるため慎重に作業しないと。

こういう作業をしてはじめて
彼の話やFacebookの投稿を読むだけでは分からない、
地道な作業と努力と気遣いが必要なんだと知る。

その作業中に、学校の先生が私たちを呼びに来た。

子どもたちに渡そうと用意したノートとペンの話を聞いて、
夏休み中にもかかわらず、学校に子どもたちを集めてくれたそう。

村人が来るまであと1時間ちょっと、まだやることはたくさん…
初めは断ったものの、やはり全員で向かうことに。

先生に「勉強がんばって。」というネパール語を教えてもらい、
呪文のように繰り返しながら歩く。

「ミヒネ サット ポヌス」だったかな、もう忘れてる。

学校に到着するとぞくぞくと子どもたちが集まって来る。

4歳くらいの小さい子から高校生くらいの子まで。

みるみる間に子どもの数は増えて、200人以上はいたと思う。

そして小さな子から順番に、ひとりひとりにノートとペンを渡していった。

「ナマステ」と目を見て挨拶して、
背中や腕をさわって、
気持ちが届くように出来る限りの心をこめた。

朝日がみんなを照らして、
目の前で子どもたちが笑顔になっていく様子は
ほんとうにほんとうに美しかった。

目には見えないあたたかくてきらきらしてるものが、
空気の中に満ちているみたいに、自分を満たしてくれた。

この時の光景を、私はこれからの人生で何度も何度も思い出すだろう。

そしてこの時の気持ちを決して忘れたくない。

その後に先生が連れて行ってくれた校舎の跡地には、
崩れ落ちたレンガの山だけがあった。

地面にはボロボロになったノートや教科書。

地震当日は土曜日で学校は休みの日、
子どもたちが無事だったことが奇跡だと先生は言う。

神様は子どもたちを助けてくれたんだと。

校舎を立て直すにも、ノートや教科書をそろえるにも多くのお金が必要で、
私ひとりにはその力はない。

でも起きたことを伝えること、行動を続けることはできる。
そしてそれはかならず村の人たちを助けることにつながっていくはずだから。

ひとりでは何もできないとあきらめたらそこで終わりだから
わたしはあきらめたくない。

かならずここに戻って来ようと思う。
a0241644_047031.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-14 23:07 | ネパールのこと | Comments(0)

村へ②

チャーターしたジープが不調で何度も止まりながらも、
カトマンズから約5時間の山間にある街、チャリコットに到着。

こんな山の中にこんなに大きな街があることに驚き。

服装も売っているものもカトマンズに近い。

聞いてみると中国との国境に近いため、
この街には物があふれているのだとか。

ここに停車する2時間程度で、
今回支援するカータル村とシャク村全世帯分の買い出しをし、
その場で物資を運んでくれるトラックをチャーターする。

買い出しをする店(街の中でいちばん安くかつ在庫の多い店)も、
彼が初めての支援の時に歩いて探したのだそう。

同行のネパール人たちも彼の行動の的確さに驚いていた。

買い出しを済ませ、舗装されていないうねる山道進むこと2時間半。
川沿いの小さな町、シンガティに立ち寄る。

シンガティも被害がかなり大きかったようで、
おそらくにぎやかな商店があったであろう通りは、
まったく人気もなく家はほとんど崩れていた。
a0241644_08862.jpg

この通りのほとんどの家は1、2年以内に建てられたばかり。
今はそんな形跡すらない。
a0241644_073245.jpg

ここから目指すバブレ村までの道は、すぐそこが崖。

絶対に車がすれ違えないほど道幅は狭く、
岩もむき出しのがたがた道がひたすら続く。

さらに雨期のはじまりで道はぬかるみ、
何度も泥にはまりハンドルが取られること幾度。

車が崖から落ちる可能性も、
横転する可能性もあるけれど、
とにかくたどり着きたい一心で
誰も弱音をはかずただただ前に進む。

4時間近くかかり、辺りが真っ暗になり道が見えなくなった頃、
ようやく目的地に到着。

カトマンズを出発してから13時間半が経っていた。

トラックに積んで来た200世帯以上の荷物(油、砂糖、塩、スパイス、薬)と
村々の子どもたちに配る500冊近くのノートとペンの荷下ろしをして今日は終了。

この村の学校の先生の家でごはんを食べさせていただく。

夜22時近く、真っ暗な中、外で火をおこして作ってくれたダルバート。

あたたかい食べものが身に染みる。

降り出す豪雨。
村の小さな診療所の2階を貸してもらい就寝。
a0241644_0255527.jpg

a0241644_0263287.jpg

a0241644_0274210.jpg

[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-14 23:05 | ネパールのこと | Comments(0)

村へ①

4月の初めからちょうど3ヶ月滞在したネパールとのお別れ。

この出来事をちゃんと書いておかないと、
わたしの中での今回のネパールが終わらない気がした。

それくらい貴重な体験だった。

戦争は人のこころをばらばらにするけれど
天災は人のこころを結びつけると、
どこかで聞いてとても納得した通りに、
人との結びつきを強く強く感じた3ヶ月。

4月25日の地震直後は恐怖から精神的に不安定な状況が続き、
2回目の地震の後はキャンプ場での避難生活、約3週間。

何かしたいけれどどうしたら良いか分からない、
行動に移している人をただすごいな、
と見ていることしかできなかった。

落ち着いて自分のことを考えられるようになった頃
地震発生後の早い段階から基金を立ち上げ
個人で活動している萩原大樹くんから支援活動の話を聞いた。

私もチャリティー商品を作り、継続的に支援したいと考えていたけれど、
100%安心して寄付できる場所が分からない…

そんな時だったからよりいっそう、
彼との出会いに大きな縁を感じた。

そして日本帰国直前の彼の支援活動に同行することに。

雨期に入りバスも通れなくなり、
土砂崩れも頻繁に起こる中での最後の支援。

悪路の中で足手まといになるのでは、という心配もあったけれど
「絶対に大丈夫。行きたいという気持ちがあるなら行くべき。」という
彼の言葉に背中を押してもらい、行くことを決めました。

支援に行く前の彼1人現地での事前調査も過酷ながら、
戻ってきてから出発までに何度も行われるミーティング。
a0241644_23574427.jpg

できる限り公平にかつスムーズに、
村の人たちが望むものを受け取ってもらえるよう、
全世帯数を正確に把握し、予算の中で特に必要なものを決めていく。

村までは歩いて5時間半、さらに電話も通じないため、
受け渡しの場所と時間を決め、その時間に合わせて移動ルートを組む。

他にもある細々とした作業や支援の内容も
ほぼ彼がひとりで考え決めていく。

常に村の人を最優先にして考える思考に学ぶことばかり。

交通止めの箇所も日々増えているらしく
実際に行くまではたどり着けるかは分からない状態。

今回のメンバーは日本人4人。
大樹くん、日本からきたカメラマンの裕介くん、
募金を持って日本からきた結花さん、わたし。

そしてネパール人3人。
シャク村出身のサルー、
サルーの働くお店のオーナーのパパ、
シャク村のサルーのおじさん。

出発当日は朝5時に集合。
ラッキーなことに雨は降っていない。

カトマンズを抜け、小さな街をいくつか越え、
山道をただひたすら走る。

ずっとこの美しい山々が見える。
a0241644_23585827.jpg

途中立寄り、写真を撮らせてもらった学校。

竹で作られた簡易校舎の中で
子どもたちが勉強していた。
a0241644_002745.jpg

初めは誰もいなかったのに、
どんどん増えてくる子どもたち。

みんな思い切り良い笑顔を見せてくれた。

いいな、いいなパワーがわいてくる。
a0241644_025366.jpg

まだまだ旅路は前半戦。
[PR]
by huuhuu33 | 2015-07-14 23:00 | ネパールのこと | Comments(0)